研究論文など

AGEと薄毛の関係

~AGEが薄毛の一因に~AGEと薄毛の関係の研究論文です。論文は英語のため、日本語にて簡潔に要約しています。上の図を見ながら読んで下さい。薄毛の簡単なメカニズムを説明します。~毛乳頭細胞(DPC)につ...

詳細ページへ

2018/10/01   age_kenkyuu_kyoukai

RAGE-aptamerに関する論文

2017年11月に発表された論文です。原文はこちら(英文です)https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29387865(※下記、グーグルによる翻訳です)RAGE-アプタ...

詳細ページへ

2018/09/05   age_kenkyuu_kyoukai

Sq2に関連する論文

スルフォラファンは、試験管内において終末糖化産物(AGE)形成を抑制する【要約】慢性的な高血糖状態では、還元糖による蛋白質や脂質のアミノ基の非酵素的糖化反応が進み、循環血液中や組織で終末糖化産物(AG...

詳細ページへ

2018/09/05   age_kenkyuu_kyoukai

スルフォラファンとAGEについて臨床研究結果

2014年の秋、久留米大学医学部の山岸昌一教授の研究でスルフォラファンがAGEを抑制することがわかりました。スルフォラファンの抗ガン作用等についての論文はいくつもありますが、スルフォラファンとAGEの...

詳細ページへ

2018/09/05   age_kenkyuu_kyoukai

イリドイド植物の抗糖化研究

『イリドイド』とは馴染みの薄い言葉かもしれません。イリドイド(Iridoid)はファイトケミカルの一種です。一般的な野菜や果実に含まれていないことから、さほど知られていませんが、AGE研究の分野では、...

詳細ページへ

2018/09/05   age_kenkyuu_kyoukai