協会について

ご挨拶

今、日々の食生活を見直すことで、自分の未来は変えられる。

一般社団法人AGE研究協会は、AGE(終末糖化産物)の研究に賛同し、
協力・協賛して頂ける方々と一緒に共同研究を進めることを第一の目的として設立しました。
AGEの研究発表やAGEについての正しい知識を広く知っていただくための啓蒙活動を中心に、
AGE抑制効果のある食材の臨床研究やサプリメントの開発、抗糖化の商品開発などの研究支援もおこなっています。
健康増進や生活習慣病などの慢性疾患を予防することにより、健康寿命の延伸を図り、平均寿命と健康寿命との差を短縮させ、
個人の生活の質を向上させることが協会の最大のミッションだと考えております。
超高齢社会に突入した我が国の現状を踏まえ、今後も生活習慣、特に食習慣の改善に焦点をあて、
健康寿命延伸に寄与するべくAGEの研究・啓蒙をおこなって参ります。

代表理事 山本 博基

 

協会概要

組織名 一般社団法人 AGE研究協会
特別学術アドバイザー 久留米大学 医学部 糖尿病性血管合併症病態・治療学講座 教授 山岸昌一
代表理事 山本博基
設立 2015年 7月
所在地 福岡県福岡市中央区大名1丁目9-27 第一西部ビル601
連絡先 TEL:092-753-8855  FAX:092-753-7072
メールアドレス kanri☆reage.jp  ☆を@に変えて下さい
事業内容 (1)AGEに関する研究・調査
(2)AGE・抗糖化に関する啓蒙普及事業
   1.メルマガ発行
   2.セミナー、講演会等の開催
   3.研究資料等の発行
(3)会員企業向け医学的見地からの助言支援
   1.顧問ドクターとしての相談窓口
   2.メールでの対応窓口設置
(4)抗AGEに関する食生活の提案及び商品開発
(5)AGE検定
(6)その他協会の目的を達成するために必要な事業
   1.AGEや老化予防に関する出版物の販売
   2.AGE抑制効果を測る為の臨床研究
   3.AGE測定
   4.ホームページの運営等

LINK リンク